院長ブログ

テキサス大学UTHealthにて歯周病インプラントのコースに参加しました

今週はテキサス大学UTHにて歯周病治療とインプラントのコースに参加しています。

朝は7時からレクチャーが始まり、午後はライブオペなど夜までのハードなセミナーです。

初日は新しい根面被覆のテクニックであるVista テクニックのMin Seiko先生によるライブオペです。

現在は患者さんの需要はあまりありませんが、今後求められる技術です。Vistaのための機器はなかなか手に入らないので、テキサス大学にて購入して帰ります.

また二日目以降は、まず歯周治療の最新の知見について、アメリカ歯周病学会AAP元会長のMcGuire先生のオフィスに伺い、ライブオペなどの研修を行いました。

その他インプラント治療の骨造成,歯槽堤形成法,糖尿病、喫煙、SRP,マイクロスコープを用いた外科的歯内療法など同行した当院の久保寺先生も専門の分野の連日のセミナーです.

あいにくハリケーンの影響で悪天候となり,大学も休校になりそうでしたが何とか開催できています。

しかし天気は最悪で後半はハリケーンが近づき、大学周辺に洪水警報が出ています。土砂降りの中、激しい雷で大学から帰るのも大変な状態でした。

木曜日はハリケーン熱帯暴風雨イメルダというのが直撃してしまい、身動き取れず街中が洪水で、交通も麻痺しています。テレビでも洪水のニュースで大騒ぎです。飛行機もキャンセルとなり、やっと代わりの便の確保ができましたが、乗り継ぎて日本まで17時間かかりそうです。無事帰れるか不安でしたが、なんとか帰ることができました。

今後、歯周病、インプラント治療において新しい技術も投入して行きたいと思います。