スタッフブログ

2009年01月31日

クイント座談会

クインテッセンス出版の雑誌の座談会がありました.
内容は インプラントオーバーデンチャー(IOD)に関するものです.
演者はIODの日本での第一人者であり,大阪大学の教授である前田吉信先生.
総義歯で有名な阿部二郎先生,そして亀田の3名で行われました.
前田教授とは初めてお会いしましたが,非常に研究熱心で,かつ人柄も温厚な良い先生でした.
インプラントに関する新しい情報も得ることもでき,有意義な座談会でした.
雑誌はQDT6月号に掲載されます.

2009年01月30日

新宿三水会

本日毎月の研究会である新宿三水会に演者として参加しました.
演者は,阿部二郎先生と亀田行雄
演題は, インプラントオーバーデンチャー
でした.
明日雑誌の座談会があり,その内容を三水会にて話しました.

2009年01月27日

日本歯科医学会 認定分科会

日本顎咬合学会(私が常任理事を務めている)が日本歯科医学会認定分科会への登録が認められました.
最近認定医の問題で某インプラント学会が朝日新聞に掲載され話題となっていましたが,学会にも国が認めた学会と,学会と称しているグループがあります.
日本顎咬合学会もやっとのことで,正式な学会と認められました.
私も理事会の中で歯科医学会加入を推進していましたので,これで一安心です.
次は専門部会へ昇格を進めたいと思います.
以下,今年認められた他の学会と( )内は評議会での賛成票および反対票の票数。
 日本顎変形症学会(56:1) 日本スポーツ歯科医学会(57:0) 日本顎顔面補綴学会(56:1)
 日本顎咬合学会(54:3) 日本磁気歯科学会(52:5) 日本小児口腔外科学会(52:5)
少し専門的な内容ですが,当院のブログは歯科の同業者もよく見ていただいているので書かせていただきました.

2009年01月26日

デンタルダイヤモンド誌2月号執筆

歯科専門誌のデンタルダイヤモンド2月号の特集シンポジウムを執筆しました.
内容はクラウンブリッジと義歯の精密印象に関する論文です.
染谷先生を司会に,土岐先生,小林先生と私で,座談会をしたときの内容でした.
→ デンタルダイヤモンドホームページ

2009年01月24日

インプラントに必要な解剖学的知識

本日毎月の研究会であるてんとう虫スタディーグループの講演会がありました.
今回当院のドクター全員が参加したため,診療を早めに終わらせていただきました.
講演内容は,東京歯科大学の井出吉信教授.
解剖の先生の中で一番有名で,非常に多忙な先生です.
演題は”インプラントに必要な解剖学的知識”でした.
井出教授は当院の小林先生と同じ大学で,クラブ(サーフィン部!)で一緒だったそうです.
そのようなこともあり,親しくお話させていただきました.

2009年01月21日

補綴臨床3月号

医歯薬出版の方に執筆を頼まれていた,歯科の専門誌の原稿をやっと書き終えました.
内容は インプラントオーバーデンチャー(インプラント義歯)に関する内容です.
文字数が15000字程度で通常の倍の内容でしたので,時間がかかりましたがホッと一息です.
執筆にあたり,海外の論文も調べましたので勉強にもなりました.
補綴臨床3月号に掲載されます.

2009年01月18日

GCセミナー

本日GCにて阿部先生の総義歯セミナーがあり,インストラクターとしてお手伝いしました.
毎回ですが全国からドクターが参加する一番人気の講演会です.
今回私はインプラントオーバーデンチャーの講義と,印象採得,咬合採得,ゴシックアーチのデモを行いました.デモは二人の患者さんに対し,阿部先生と私がそれぞれ実技を行いながら教える,実戦的な内容です.受講生はいつも私より年配の先生が多いので疲れますが,皆さんまじめな先生なので私も勉強になります.
また当院の歯科衛生士は,別で恵比寿で行われているインプラントの講演会に参加していたと思います.さらに実力をつけてもらいたいと思います.

2009年01月14日

学会の理事会

昨日今日の2日に渡り,日本顎咬合学会の委員会と理事会があり外出しました.
先日インプラントの学会(ほとんど知られていない学会ですが)の認定医の不正取得が朝日新聞に出たばかりですので,当学会の認定医に関しても,厳正に審査することの議題が中心でした.
認定医の取得基準も難しくするようです.
また日本歯科医学学会の認定学会に本年度認められる予定です.(近日中に決定します)
国が認めた学会となりますので,信頼性が高まります.

2009年01月12日

川口歯科医師会新年会

成人式の今日,歯科医師会の新年会がありました.
川口市市長をはじめ,地元の議員さんなど大勢いらっしゃいました.
私も川口市医療センターの先生とじっくり話すことができました.
病院と診療所の連携が重要ですので,有意義な会でした.

2009年01月05日

ドクター見学

本日,当院の小林先生の後輩で,大学病院に勤める先生が見学にみえました.
夜遅くまで大学病院のこと.臨床のことなど話し合いお疲れ様でした.

1 / 212