スタッフブログ

2008年04月29日

ヨーロッパセミナー

リヒテンシュタインにて患者さんを交えたセミナーを受けています.
BPS(バイオファンクショナル・プロセティック・システム=生態機能的補綴システム)という,精密な総義歯,部分義歯,インプラント義歯を作るためのセミナーです.
写真はBPSの第一人者フリック先生で,本日は私も患者さんに実際に治療しながらトレーニングを受けました.フリック先生の目の前で,外国人の患者さんを相手に一次印象,セントリックトレー,精密印象,ゴシックアーチ,,,と治療を進めます.見られていると緊張しますが,自信もつきました.
かめだ歯科医院;亀田

2008年04月27日

リヒテンシュタインに到着しました

海外セミナーのためヨーロッパの小国リヒテンシュタインに到着しました.
海外からのブログのアップに初挑戦です.
日本から12時間のフライトで,スイスのチューリッヒ空港に到着しました.そこからバスで1時間ほどで人口3万人のリヒテンシュタインに着きます.写真はスイスからリヒテンシュタイン方面の山を見たところです.
リヒテンシュタインは国の産業の2番目が歯科材料という,国をあげて歯科の研究開発をしている国です.今回は2度目の訪問です.みっちり勉強してきたいと思います.
かめだ歯科医院;亀田

2008年04月26日

本日より海外研修に出かけます

4/26より5/1まで,海外研修に出かけます.
歯科では有名な国であるヨーロッパのリヒテンシュタインでトレーニングを受けてきます.
不在中ご迷惑をおかけしますが,トップレベルの技術習得のため,ご協力お願いします.
ちなみに私たちの勉強会で企画している,次のような日程です.
→ BPSトレーニングコース
私が日本顎咬合学会の実行委員長を務めたとき,訪問したことのあるフリック先生のコースを受けてきます.
また当院のリニューアルの際,ヨーロッパ(ベルギー,フランス,スイス)の歯科医院を模倣した経緯もあります.
この様な経験や技術を,当院にいらっしゃる患者さんに還元できるように考えております.

2008年04月22日

新宿三水会

本日月一の研究会がありました.
演者は中川先生.
演題は咬合と知覚過敏でした.
知覚過敏は最近増加している疾患ですが,咬み合わせを良くすることでかなり改善できるという内容でした.
かめだ歯科医院;亀田

2008年04月18日

健康維持に歯の健康が注目されてきています


最近この様な歯に関する記事が増えてきています.
かめだ歯科医院;亀田

2008年04月17日

てんとう虫

本日毎月の研究会がありました.
演題は
日暮先生「アデノイド扁桃腺肥大と睡眠時無呼吸症候群」
斎間先生「重度歯周病症例にてエムドゲインを用いた意図的再植」
塚原先生「進行した歯の磨耗と歯磨き剤の関係」
でした.
小さいお子さんでいびきをかく人は要注意のようです.
最近の研究で,扁桃腺肥大により呼吸が制限され,それで顔貌や性格まで影響を受けることが言われているようです.
チェック法は,いびきをかいて寝ているときに,そっとパジャマのボタンを外し胸を見ることです.
呼吸と共に胸が凹むお子さんは,すぐに耳鼻科を受診し相談が必要のようです.

2008年04月13日

睡眠時無呼吸症候群

本日NHKで睡眠時無呼吸症候群について放映していました.
治療の一環として歯科医師がマウスピースを用いて気道を確保する方法があります.
残念ながら当院では専門的に治療していません.
しかし睡眠時無呼吸でお悩みの方は,治療実績が豊富な先生をご紹介いたします(浦和や千葉にいます).
また本日は当院において,専門業者が入り医院のクリーニングを行いました.
明日からも,きれいな環境で診療できそうです.
かめだ歯科医院;亀田

2008年04月11日

ホワイトニングのお問い合わせが増えています

最近ホワイトニングに関するお問い合わせが増えております.
ホームページに詳しく書いて欲しいとの要望もあり,審美・ホワイトニングのページを更新しました.
またご質問があれば,メールでも対応いたします.

2008年04月11日

残存歯数と全身疾患

本日川口歯科医師会の歯科医師連盟理事会があり出席しました.
その時に得たデータですが,高齢者で”歯の数が多いほど,医者いらず”であることが,統計的にも明らかになってきているようです.
かめだ歯科医院;亀田

2008年04月10日

旧保険証も4月中は有効・後期高齢者医療制度巡り救済策

大分混乱があるようです.次のような記事が日経新聞に載ってました.
旧保険証も4月中は有効・後期高齢者医療制度巡り救済策
 厚生労働省は4月から始まった後期高齢者医療制度(長寿医療制度)を巡って、新しい保険証が本人の手元に届かないケースが相次いでいる事態への対応に乗り出す。旧保険証も4月中は使用可能にするよう、近く全国の病院・診療所に通知を出し、新保険証を持っていない高齢者も原則1割の自己負担で受診できるようにする。制度を運営する各都道府県の広域連合には9日、保険証の再送などの措置を速やかに実施するよう指示した。
 75歳以上の約1300万人の高齢者は1日、これまで加入していた国民健康保険などを脱退して新しい医療制度に移った。市町村は3月中に新しい保険証を高齢者の自宅に郵送したが、転居や不在で届かなかったり、誤って捨ててしまったりして、入手していない高齢者は全国で数十万人いるとみられている。
川口市かめだ歯科医院;亀田

1 / 212